BLOGブログ

2021年02月09日

慢性筋肉疲労を治す。

ブログ

今回のコロナ騒動で在宅勤務が増えてデスクワークの時間が長くなり、肩こり、頭痛の方がより増えているようです。
慢性筋肉疲労はコリが原因で起こります。パソコン仕事にて首周辺の筋肉は酷使されて
慢性疲労を起こしやすくコリが生じやすくなります。首周辺のコリは脳への血流の低下も招きやすくなります。
デスクワークの方は45分ごとに立ち上がり上半身の前屈や後屈、回旋運動を行うことだけでも血流が改善します。
呼吸も浅くなってしまうので深呼吸も大切です。
脳の血流低下は集中力、記憶力の低下、しいてはうつ、パニック障害、認知症などのリスクにもつながるといわれます。
またストレスなど精神的な要因でもコリは生じます。心と身体はつながりがあります。
怒り、恨み、悲しみ、心配、妬みなどは身体に悪影響を与えます。筋肉を萎縮させたり、慢性筋肉疲労の原因になります。
緊張していると無意識に肩があがり、首回りが凝った感じはどなたにも経験があると思います。
心の状態は身体にストレートに表れます。
仕事の生産性から考慮すると、同じ姿勢での長時間労働にはこまめなストレッチなどの運動は必須です。
バスタイムには湯船にゆったり浸かり、ゆっくり手のひらと指をマッサージしてみてください
。肩、首まわりが非常に楽になります。

当院ではストレスが大きな原因と感じる方は、全身ケアの最後で頭のポイントにて更に筋肉を緩めます。
頭の施術の時には副交感神経に切り替わり、とてもリラックスしていただけます。
お医者さんの中にも頭頂部に鍼を打って治療をしているグループがあります。
その医師たちは薬だけに頼らない東洋医学のアプローチをされて高い結果を出されています。
頭のいろいろな部分にポイントがあります。
頭頂部、側頭部、後頭骨部など。
当院では鍼を使わず頭部の小さなポイントを見つけ出し指先で押圧して少し動かします。
ちょっと痛みを感じますが終わった後は身体の緩みを感じられ楽になります。
頭のポイントだけで腰痛が改善した例もあります。
慢性筋肉疲労は治ります。正しい治療を受けて、正しい習慣を身に着けていただければ大丈夫です。
もちろん再発しないため骨盤矯正や全身のポイントもチエックしてケアをしていきます。
また、その方に応じたエクササイズもご指導します。
筋肉トリートメント施術では首や肩を直接揉まなくても周辺の筋肉が緩んでしまいます。
鍼を使わない分多くのポイントを短時間でケアが出来る利点があります。


身体に痛みがなくてもみてもらえますか?とお問い合わせがあります。
コンディショニング(身体の調整)も行っています。ぜひご相談ください。

目次

  • ○  
  • ○  



SHARE
シェアする
[addtoany]

CONTACT

お問い合わせ

Webからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

052-212-8180