BLOGブログ

2021年06月27日

マスクについて。

ブログ

緊急事態宣言が解除され、中区栄地区の百貨店も営業を再開しています。
しかし、相変わらず「必要以外の外出は自粛しましょう」と掲示板が伝えています。

この地区はビジネス街ですが、リモートワークが定着したのか朝の出勤は少なめです。
ワクチン接種も始まりましたが、まだまだ続きそうな気配です。

周辺では自粛疲れを訴える方も多く見えます。
気分も何となく沈んでいる方も多いのではないでしょうか。

最近クライアントさんによく話す内容は、「道を歩くときはマスクを外しましょう」です。
外を歩くときはマスクを外して歩くことです。
なるべく、人とは近づかず歩けば、嫌がる人もいないと思います。
交通機関、地下街など人が集まるところではマナーとして必要ですが、道を歩くときまではいらないでしょう。

薄いマスクでも酸素の取り込みは低くなります。
当然少し小走りをすれば息も切れます。
自分の脳細胞に酸素が行き渡らず、頭がくらくらする経験もあると思います。

【常にマスクをすることで酸素摂取量が低下して嫌気性解糖が優位になります。
そこから様々な病気のリスクが高まるといわれています。】
(藤川徳美医師の書籍にも載っています)

長期のマスク着用にて筋肉・神経系に対してもマイナス要因が出てくるのではないかと懸念しています。
自粛で運動不足と酸素不足が今後どのような影響を及ぼすのか。
何も影響がないことを願うのみです。

土日の朝には官庁街を走っているランナーを見かけますが、中には通常のマスクをはめている方もみえます。
自宅近くの中学でもマスクをして行っていいる運動部があり心配になります。
(外してもよいと学校側は通知しているようですが・・)
まだ中学生は子供です。大人が教えてあげてほしいと思います。

いずれもまだ続くコロナですが周りに流されず情報を自分で考えて判断していくことが大切ですね。







SHARE
シェアする
[addtoany]

CONTACT

お問い合わせ

Webからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

052-212-8180